2018,5,9 離欲:無執着と勤修

GWも終わり、来月で2018年もあと半分ですね~
毎年、年始や年度末などに抱負や展望を瞑想しますが、みなさまは現状いかがでしょうか?

私は…思わぬ方向に転がりつつあります…
まったく予期せぬ仕事が転がり込んだり、地方への研修があったり…
そんな時、私の場合は動揺し不安になる傾向があります

特に自分が正しいと思うことが通らなかったり、天秤にかけられたりすると、不安定になっていってしまいます
きっと、私だけじゃなく社会の中で精いっぱい頑張っているみなさまも、
そんな切ないような…やりきれないような…そんな日々を過ごした経験があるのではないでしょうか
そんな時はどのように乗り切りましたか?

欲があるから、動揺したり不安になったり、心を乱してしまうんですよね”(-“”-)”
ヨーガでは、欲と決別するための方法として2つの実習を薦めています

“無執着”と“勤修”です

仕事のことだと、引けないこともあります…
それでも、相手の立場を優先させなければならない状況だったり…
自分は最善と思っても、環境が許さなかったり…
気乗りしない仕事だってやらなきゃいけない時がある

こんな時、無執着なんでしょうね
自分の考えだけに執着せず、相手を受け入れること
ウーン…頭でわかっちゃいるけど、何となくモヤモヤが残ってしまう…

頭で考えず、労働や作業に執着することなく目の前の与えられた仕事を一生懸命取り組むこと
これぞ勤修なんでしょう

兎にも角にも、やれることをやってみます!
もちろん、やりたいことにも精いっぱいチャレンジしていきたいと思います(^^)/

もし、皆さんもこんな経験があったら、今度、是非聞かせてくださいね(^^♪
また、お教室でお待ちしておりますm(..)m